心療内科で行われている薬物療法とは

心療内科によっては、薬物療法を行わず、行動療法に徹しているクリニックもありますが、行動療法と薬物療法を併用している現場が少なくありません。行動療法は、カウンセリングや患者の日記の記載などが必要で、回復まで時間がかかることが多く、薬物療法による対症療法も同時進行で利用する方が効果が期待できるケースが多いからです。薬物療法といっても、患者に服薬させるだけで他に何もしないという訳ではなく、問診を重ねながら回復状況を観察し、服薬の量や種類を変更する調整も欠かせません。

心療内科で使用する薬剤には副作用の強いものもあり、服薬を開始したら追跡調査が重要なのです。脳内物質の分泌に影響を与える薬は、患者の心理だけでなく活動にも影響を及ぼすことがあるので、心療内科の医師はカウンセリングをしながら、慎重に投薬の調整を行っています。

薬物療法で使われる薬の種類

心療内科で使用する薬には、主として抗うつ剤や抗不安薬のほか、抗てんかん薬や導眠剤が挙げられます。抗うつ剤は、うつ病患者だけでなく、強迫性障害やパニック障害の患者にも効果があると言われています。抗不安薬は、精神を安定させ緊張を解きほぐす作用のある薬です。感情の起伏が激しい場合には、抗不安薬だけでなく抗てんかん薬も使われることがあります。抗てんかん薬は、本来は発作による痙攣を抑制する働きがある薬です。抗てんかん薬や抗うつ剤は、鎮痛薬の作用も期待できるでしょう。抗不安薬にも睡眠導入の効果がありますが、睡眠障害が顕著な場合には、導眠剤を使用します。このような薬剤は、単独で用いることは少なく、複数の薬剤を組み合わせて服用することが多いと言えるでしょう。