「抗不安薬」「抗うつ薬」などを使った薬物療法

心療内科で受ける診療方法のひとつに、「薬物療法」があります。精神的な病が原因で生じた、体の疾患に効果が期待できる薬物の投与に加えて、心の状態を改善させる効果が期待できる、薬を投与します。例えば不安な気持ちを緩和させる「抗不安薬」を投与するケース、またうつ病の症状を改善させる効果があるとされる、「抗うつ薬」を投与するケースがあります。また不眠を訴える患者には、深い眠りを得るための「睡眠導入剤」を投与します。さらに心の状態を、緩やかに改善させる効果があると言われている、「漢方薬」を使用することもあります。適切な薬を投与しながら、患者の回復具合を見て、医師が投薬をコントロールし、回復に導いていきます。また薬物療法に加えて、以下で紹介する「心理療法」を同時に行うケースもあります。

「箱庭療法」などの心理療法

薬物療法以外の精神病の診療方法を、「心理療法」と呼びます。心理療法の中で代表的なものが、「認知・行動療法」です。精神病やうつ病になってしまったのは、悲観的な考えなど誤った考え方が原因だと考えて、正しい考え方を指導していきます。その中のひとつとして、社会不安を抱えている患者に、人がたくさん集まる場所にあえて行かせ慣れさせる、「エクスポージャー療法」という診療方法もあります。さらに芸術的な活動を通じて、心を正常な状態に導く、「芸術療法」もあります。芸術療法のひとつに、箱庭遊びをしながら治療をする「箱庭療法」があります。他にも「自律訓練法」「森田療法」などの、様々な診療方法があります。これらの心理療法と、先述した薬物療法を組み合わせて行うこともあります。