心療内科って精神科と何が違うの?

心療内科とよく耳にするけど精神科とどのような違いがあるの?と疑問に思っている人がいるのではないでしょうか。心療内科と精神科の違いは、専門性にあります。心理的な要因によって引き起こされる症状である心身症を扱うのが心療内科で、うつ病などの精神疾患を扱うのが精神科になっています。しかし、専門性といってもそこまで大きな違いはなく、診断をする際の判断基準は同じものを使用し、症状においても重複する部分が多く、治療においても大きな違いがないので、最近では心療内科と精神科の併設されているクリニックも存在しています。治療を始めるにあたっては、基本的にどちらを受診してもしっかりと診断を受けることができるので、体の異変を感じたら1度診察を受けることが大切です。

心療内科を受診するときの症状は?

心療内科と言われてもどのような症状が出たら受診すればいいかわかりませんよね。怪我をしたら外科に行く、風邪を引いたら内科に行くなどの具体的な判断基準を定義することができれば心療内科を受診しやすくなるのですが、心療内科においてはそれが難しいという側面があります。個々人によって症状が大きく異なるので、それによっても具体的な判断基準を定義するのを難しくしています。しかし、一般的に受診をするきっかけとなるものもあります。それが、動悸や呼吸の苦しさなどの症状があるのにもかかわらず、内科での検査で異常が出なかった場合や睡眠障害、食欲の減退などの気分的な変調がある場合です。これらの症状がある場合は、心理的な要因によって症状が引き起こされていることがあるので、1度受診を検討してみるのがいいと言えます。